目指せ大尉!の微妙な元低徳覇王がお送りする厨ブログ。 私の入っているチーム名も「厨房かえれ」なので旗の文字も厨!君も僕のいるチームに入らないかい!?

日々是精進也   ~右向け右じゃつまらない~
http://hom16ichirou.blog91.fc2.com/

プロフィール

ほむ

Author:ほむ
三国志大戦のブログ。今は3に入れ込み中!
君主名は「砕」、大尉の壁を厚く感じている一品でございます。

メインデッキは魏4、曹操大好きっ子になりました。
考察とか愚痴とか書いていくんで、何かあればコメントしていただけるともうそれは喜びます。
リンクはフリーで、相互などはコメントに残していただければすぐにでも。

ガキっぽいことを書いているかと思いますが、生暖かい目で見守ってやってください(*’ω’*)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

応援コーナー

web拍手を送る             押していただけるとに励みになります。メッセージも残していただけるともっと嬉しいであります。 なんでも結構ですお気軽に! にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ FC2以外にもランキングに参加中!クリックしていただけると嬉しいであります!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケットガール 第6話 「コントロール -control-」

2007/04/02 00:30|アニメTB:2CM:0
rcg6-1


無事に宇宙まで辿りついたと思ったらまさかのアクシデントが発生!
ゆかりの命はマツリに託された。


ロケットガール 第6話 「コントロール -control-」
にほんブログ村 アニメブログ 美少女アニメへ


いや今回は面白かった。


正直そこまで楽しみに見てたアニメではなかったので嬉しい誤算。やっぱ人間いろんな刺激がないと停滞して腐っちゃいますね。


スリルのある展開にかーなりドキドキしました。それとやっぱり宇宙ってスゴい!


オチも個人的にかなり笑えた。そりゃねーだろwwwって思わずツッコミを入れたくなるオチ。


以下感想







rcg6-2



打ち上げには成功したものの宇宙空間でトラブルが起こる。

カプセルたんぽぽに”デブリ”、いわゆる宇宙ゴミが衝突。プラネテスだかプラテネスだかで見たような気がしますが宇宙ってびっくりするくらいゴミがあるらしいですね。
人工衛星やらスペースシャトルやらの切り離していく部分が時速何百キロって速度でぐるぐる地球の周りを回ってるらしいです。人間が当たればほぼ確実に死にますね。トラックに轢かれるようなもんです。多分。

しかしいくらいっぱいあるとはいえここは宇宙空間。
デブリにあたる可能性なんてほぼ0%に近いはずなのにってメガネが言ってました。確かにこれサハラ砂漠に落とした米一粒探せみたいなもんなんじゃないでしょうか。
絶対にありえないことが起きた、と。これも全部あの気持ち悪い酋長のせいだ。

いや有人飛行で失敗するように呪うとかありえないだろ。イライラしてきます。おめーが死ねやゴルァ(゜д゜#)



前から耳にはしてましたがここでもこの作品のリアリティというかマニアックさを感じました。
ピッチレートやらロールレートやらカタギの人にはわからない単語ばかりでした。



デブリがたんぽぽにヒットしたお陰で単体での帰還はほぼ不可能に。そして酸素も薄くなってやばいなーってときに



rcg6-3


マ ツ リ 参 上 !



ここら辺のゆかりの心情変化とか震えてる体とか見るとどうしたってハラハラドキドキ。
だだっ広い宇宙空間に一人放り出されてみれば地上からの連絡が途絶えて酸素まで薄くなる。
こんな無力感の塊みたいな状態で心を強く保っていられる人間が果たしているのだろうか。酸素が切れれば待っているのは確実な死。
そして孤独感もすごいでしょう。宇宙空間は空気がないんで音がしません。火だって酸素なきゃ燃えないですし外的刺激がほぼ皆無です。あ、でも視覚があるか。
まぁ人間は音の刺激がないと壊れてしまいます。
どんだけ静かなところが好きな人でも、無音室とかに数時間入っていると無意識のうちに自分で音を作り出し始めます。無音ってのはそんだけ精神に負担をかけるものなんです。

いやー宇宙って怖い、人間なんて本当にちっちゃい存在ってのを無言で教えてくれます。いやまぁ宇宙なんていったこと無いですが(゜д゜)

そこでのマツリ登場は本当にゆかりに安堵をもたらしたことでしょう。酸素持ってきてくれた肉体的なものと孤独をほぐしてくれたという精神的なもの。マツリいなきゃゆかり死んでましたね。


ロシアからの救援も期待できないってことでたんぽぽを捨てマツリが乗ってきた「ココナッツ」で地球に帰ることにした二人。

でも体重とかの関係で無理なんじゃね?と思いきや


rcg6-4


コンピューターを宇宙空間に捨て始めるマツリ。






これはないだろwwwww

と誰もが思ったことでしょう。例に漏れず私も思いました。そして吹きました。
結果的に彼女のこの行動は吉と出るんですが、まぁ型破りなのは確かだと思います。



rcg6-5


コンピューターを捨てたことにより軌道修正やら逆噴射やらを手動でやらねばならなくなった。でもゆかりが脳をフル回転させて事なきを得る。前はチンプンカンプンだったあの電卓を使いこなしているところには進歩を感じた。ここは純粋にゆかりかっこいいなおいってつぶやいてました。
独り言多いな俺(゜д゜)

まぁ800kgの負荷が体にかかったマツリは無問題だったようで。丈夫だな。

一時はどうなることかと思った地球への帰還もマツリの大胆な発想と行動力でDEAD ENDフラグを叩き折りました。今回のMVPはマツリですね。

んでこの後のオチが秀逸www
こんくらいありえないほうがリアリティとギャップがあって面白いですね。個人的には大好きです。




無事地球に着いたゆかり、ここはどーこの海じゃろなってことでハッチを開けて外を見てみれば・・・



rcg6-6



なんと自分の通ってる高校の中庭の池だったってオチ。




この発想はなかったわwwwww
ちょっとでもずれてたら校舎にクリーンヒットで大惨事の上にゆかりもマツリも死んでいたでしょう。

宇宙でデブリと接触するというありえない事態が起こった後にこれをもってくる。
これはきっと良い精霊が味方してくれたのでしょう。

なにはともあれ二人とも無事に地球に帰還、青空が目に染みる校舎で6話 糸冬






いや今回はナイスな出来だったと思います。

前回軌道を思いっきりそれてどーなっちゃうのって緊張を持たせての続き。軌道修正すりゃオッケーってところではとどまらず不慮の事故を発生させて視聴者の不安を更に煽る演出。
そしてそこに助けに来るマツリ。彼女なしにゆかりの帰還はなかったでしょう。みんな褒めてあげて!

しかしここでさえも視聴者を安心させず、ロシアからの救援拒否。万事休すかと思われたもののまたまたマツリの大胆な発想と方法で無事に地球へと帰ることが出来た安心感。

物語り全体にメリハリが効いてて飽きることなく見れた。シリアスな場面では心臓の鼓動が早まり、抜けてる場面では思わず吹き出してしまった。

宇宙を前にした無力感と孤独感はなんとなくわかりました。
宇宙ってのはそりゃもう果てしなく広いところで宇宙規模で見れば地球なんてゴミクズでしょう。人間から見たバクテリアみたいなものですきっと。
人間は知恵を持っているからバクテリアにも接せますがいかんせん宇宙は物言わぬ存在で。

初めて船外活動で宇宙空間に出たときの忘我感、そして見惚れた心。それとは対比されている宇宙の存在感、恐怖。

ここらへんの描き方やらマツリの登場のさせ方やら予想外の行動やらストーリーの流れやらもうとにかく良かった!





あ、あと以前ロケットガールの記事で「”宇宙空間での1kgの価値”とはどのくらいか」ってことを書いたらどうやら2話や4話で説明されていたようです。いやよく見てない証拠ですね(゜д゜;)ご指摘ありがとうございました。
なんでも1kg増えることによって全体では70kg増えるらしいです。
こりゃ一体どーゆー仕組みなのってことで調べました。

「比推力」でWikipedia先生に聞いてみました。以下抜粋

比推力(ひすいりょく)(specific impulse/Isp) は、推進剤流量に対する推力の大きさでロケットエンジンの最も重要な性能。定義は「推力/(推進剤流量・重力加速度)」で、単位は(秒)。ノズルの適正膨張を仮定すれば、「排気速度を重力加速度で割った物」という物理的な意味を持つ。また、単位重量の推進剤で単位推力を発生させ続けられる秒数とも解釈出来る。

簡単に言うと比推力というのは「ロケットエンジンの燃費」らしいです。

一番燃費のいい燃料は水素だけど気体は場所を取るし、なにより水素を最も効率よく燃焼させるエンジンの開発が困難を極める。
液体燃料は燃費そこそこで場所もそんなとらないから無難なんじゃね?って感じみたいです。
エンジンにも色々あって、燃費はいいけど馬力が微妙なヤツとか、阿呆みたいに燃料食うけどその分爆発力は半端じゃないぜってのもあるみたいです。

正直わかったのここらへんまででした。

機体が軽ければ軽いほど同じ燃料量で進める距離は増えるわけだし、燃料のあたりなんて単位がkgとかそんなでかいもんじゃないようですから。

宇宙空間やシャトル打ち上げでの1kgの価値、私はなんとなくわかりましたが果たして読んでいる人に伝わるかどうかは謎です。てか伝わらないでしょう。
「重要なところ抜けてるんじゃね?」みたいに思った人は自ら調べることをオススメします。私はぶっちゃけ物理の成績アヒルだったのでもうダメです。

そ、そもそも学問なんてのは自分の知的好奇心から成り立ってるものなんだからね!他人に頼ろうなんてお門違いなんだからっ!

あ、これについてのバッシングがあればなにとぞ非公開コメントでお願いします。
無知を露呈したカタチになるわけですからね!(゜д゜)



まぁなにはともあれ7話以降にグッっと引きつけられました。頑張って見ていこうと思った第6話でありました。






次回、ロケットガール 第7話「グラヴィティ」

rcg6-7


酸欠で喘いでいるゆかりに不覚にも萌えたって方は是非ポチっと!





にほんブログ村 アニメブログ 美少女アニメへ

こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
コントロール -control-予測不能のトラブル。忍び寄る死の影の中ゆかり、そしてSSAは――?シリアスなんだけど…なんかエロイ。サーセンwww
あにろぐ@2 2007/04/02(月) 02:29
品質評価 20 / 萌え評価 6 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 36 / お色気評価 10 / 総合評価 16レビュー数 50 件 たびかさなる延期にがまんができず、打ち上げを強行させたゆかり。しかし、ゆかりの乗るオービター(宇宙船)タンポポは、予定の軌道からおおきく
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007/09/12(水) 01:46
トラックバックURLはこちら
http://hom16ichirou.blog91.fc2.com/tb.php/81-cc38be61

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 三国志大戦2 | マンガ | アニメ | 三国志大戦3 | 大戦イロハ | バグリスト | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 日々是精進也   ~右向け右じゃつまらない~
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。