目指せ大尉!の微妙な元低徳覇王がお送りする厨ブログ。 私の入っているチーム名も「厨房かえれ」なので旗の文字も厨!君も僕のいるチームに入らないかい!?

日々是精進也   ~右向け右じゃつまらない~
http://hom16ichirou.blog91.fc2.com/

プロフィール

ほむ

Author:ほむ
三国志大戦のブログ。今は3に入れ込み中!
君主名は「砕」、大尉の壁を厚く感じている一品でございます。

メインデッキは魏4、曹操大好きっ子になりました。
考察とか愚痴とか書いていくんで、何かあればコメントしていただけるともうそれは喜びます。
リンクはフリーで、相互などはコメントに残していただければすぐにでも。

ガキっぽいことを書いているかと思いますが、生暖かい目で見守ってやってください(*’ω’*)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

応援コーナー

web拍手を送る             押していただけるとに励みになります。メッセージも残していただけるともっと嬉しいであります。 なんでも結構ですお気軽に! にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ FC2以外にもランキングに参加中!クリックしていただけると嬉しいであります!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京魔人學園剣風帖 龍龍 第8話 「外法編 第八夜 穴の女」

2007/03/12 23:35|アニメTB:1CM:2
mjn8-1

鬼の仕業を模倣した事件が後を絶たなくなってしまった。
龍麻たちは必死に鬼を駆逐するが、葵は一人何もできない自分を呪う。
そして小蒔の弓道大会に現れた女は、穴の開いた女だった・・・。



東京魔人學園剣風帖 龍龍 第8話 「外法編 第八夜 穴の女」
にほんブログ村 アニメブログ 美少女アニメへ

※グロ注意


今回はいつも以上にグロかった。

タイトルはなんかいやらしくて「お、内容楽しみwww」とか思ってた気分がもうびっくりするぐらい下がりました。「ちょ・・・グロきもいわ・・・」


穴の女ってのはどうやら体内に蜂を飼っていたようで、これも龍脈のせいなのかなーと思いつつ以下8話感想。







mjn8-2

次々と出現する鬼を退治する5人。
そんな中、一人戦い向きではない能力を持つ葵は後方で見ているだけになってしまう。
これを是としない葵は、相手を倒す力が欲しい、誰かを守れる力が欲しいと京一に剣の教えを乞う。いやまぁ薙刀だけど。
しかしどうにも葵は自己犠牲の精神が強すぎるというか、なんでそこまでするの?ってところが多い。
ここらへん彼女の過去に何かあるのでしょうが、今はまだ闇の中です。


そして今回現れた鬼、5人が倒すことになったのはこの女。

mjn8-3


うわあああああああああ(;;´д`)気持ち悪ぅ・・・・


蜂を操る女のようで、文字通り「相手の体を蜂の巣にできる」って能力。
しかし人体に穴が開いていくってのは非常に気持ち悪い、画像の編集してて本当になんか氷の棒で腹の中かき回されてる気分でした。
お化け屋敷とか嫌いな私にとっては本当にもう・・・身の毛がよだつ作業でした。


mjn8-4

鬼退治の力を上げるため思い思いの訓練をする5人。
京一に剣の稽古をつけてもらう葵、弓の精度を磨く小蒔、醍醐と龍麻は格闘技でビシバシ殴りあう。
しかし小蒔の弓の腕は凄いものがある。弓道ってのはなんか本当に精神的なものが表に出るスポーツらしく欲を出すと絶対に的に当たらないって話を聞いたことがあります。「的に当てよう、絶対当てよう」って欲をかくとほぼ確実に当たらない、自然体で今まで練習してきたことをやれば自ずと的にあたるとかなんとか。
弓道は武道でも、柔道やらとは違うタイプの武道のようです。


mjn8-5

鬼の事件の模倣犯までもが出てくる状況になってしまった。
杏子が「どれが本物の(鬼の)事件かわからなくなっちゃう」みたいなこと言ったら京一が
「人が死んでんだ、本物も偽者もねーよ」と杏子を諌めるような物言い。

いや正直てめ俺の杏子ちゃんを何イジめてんだそこに直れこの野郎話し合いで解決しようじゃwせdrftyって思いました。
でも言ってることはまともなことだったんで許してあげます。
杏子は本当魔人の中で最も輝いているキャラクターと言っても過言じゃない、これ鉄板。

あと警察も鬼の事件に大分追いついているのかな・・・?
このヒゲ生えた初老の警官だけかもしれませんが、次々と起こる怪事件に人外の存在を疑い始めてる人がいるのは確かなようで、ヒゲ初老は葵にコンタクトをとってきたりしてました。

てめこの俺の葵ちゃんに(ryでしたが、警察っていう国家機関が絡んでくるとまた面白そうなので黙殺しときます。



mjn8-6


今回は日常のほのぼのとした場面も描かれていて和んだ。
ただ惰性で作った感じではなくて、細かな気遣い、つまり面白さが伺えたので良かった。
そして日常に絡んでくる非日常、醍醐の先生なる人物が登場。果たしてこのおじいちゃんは醍醐の何の先生なのか。
今のところはわかりませんが、それでもこのおじいちゃん腕はかなり立ちそうです。

つかおじいちゃんに「醍醐のお友達かね」と問われて照れてる京一に不覚にも萌えてしまった・・・アッ( *゚д゚)♂
京一は表面ではうるせーこんなヤツ友達でもなんでもねーよーとか言っておきながら、そいつがピンチになったら絶対に助けに来てくれるような男です。情に厚く、義理に堅い。
男の中の男ですね。


mjn8-7

ところ変わってネットリお兄さん。
彼の真の目的はどうやら”なにか”を目覚めさせることにあるようです。それが一体なんなのかはわかりませんが、きっと大昔の怪物かなんかでしょうきっと。如月は「ボサツガン」とかなんとか言ってましたがまったくわかりません。今後に期待。
にしてもこの金髪幼女、怒ると途端に気持ち悪くなりますね。


mjn8-8

小蒔の弓道大会での一幕。
醍醐の「弁当作りに九時間」は笑ったw甲斐甲斐しすぎ・・・涙ぐましい努力だわマジで。
京一に愛妻弁当言われて照れる醍醐もいい感じ、本当今回は日常描写が秀逸だったんではないかと。
そして袴姉妹が参上。名前は織部、どうやら醍醐の師匠のじいちゃんとも面識があるようですが、はてさて。


mjn8-9

しかし非日常は突然顔を見せる。
弓道大会場に突如現れたあの蜂使いの女。彼女は小蒔を襲い、そして5人と戦うことになる。
それにしても葵の先走りっぷりはどこか違和感を覚える。そりゃみんなの役に立ちたいとかって理由ならまだわかるが、漠然と「守れるものも守れなくなる」ではわかりづらい。
頑張れ金太郎、負けるな金太郎。



mjn8-10

蜂女と戦う5人。
そこになぜか突如現れたネットリお兄さんこと九角天童、彼はどうやら龍麻のご執心のようで、しきりに「お前は誰なんだ」と言っていました。
果たして龍麻の正体や如何に。なんだろう、もしかして幕末のとき九角の野望を阻止した一族の末裔とか?ありそうかも。


mjn8-11

最後は貯水槽打ち抜いてずぶぬれにさせて討伐。
最後にはビルからの投身自殺、どうやらこの蜂女、小蒔の友人だったらしい。最後には気付いてもらえたものの悲惨な死に方をした彼女。
なんて哀れな蜂女、8話の〆は彼女と小蒔の微笑ましいシーンだった。


mjn8-12


こんなところで8話 糸冬





今回は面白かった。なんか私も毎週言ってることがバラバラですがそこら辺は生暖かい目でお願いします。

まず思ったのがうわ今回グロいな・・・でした。
人体に穴を開ける蜂女、もぎ取られた腕から見える骨や血。更にはリンゴの皮を剥いたみたいになってる人間や体中にフジツボが出る人間などもいて非常に気持ち悪かった。
今回はグロ描写に結構力を入れている回だった。いやグロだけじゃなくいたるところに配慮が見えるような良い回だった。

日常の描写もこれまた良かった。本来高校生はこうあるべきって感じの姿を映し、それがまた笑えたりした。
しかし杏子、龍麻は春転入してきてもう夏休み終わったってのに「謎の転校生」って呼び名はないだろwもう十分クラスとかに馴染んでるんでしょうから。
あと久々に出た醍醐の料理、肉じゃがの仕込みは前日から、そして重箱弁当は朝から9時間。
なんというか本当に涙ぐましいというか、いじらしいというか健気というか・・・。
醍醐の想いが報われなきゃ嘘ってもんです、頑張れ醍醐、私は応援してるよ!

そして二回目くらいの登場の醍醐の師匠の龍山おじいちゃん。それと織部姉妹。姉は男勝り、妹は人見知りでおとなしいと非常にバランスのとれた姉妹となっております。
龍山は醍醐の師匠、織部姉妹は小蒔の友人となんか色々と関係が露になってまいりました。
今回は派手な動きをしなかったこの三人。次回以降物語にどう関わってくるのか。
龍山の言っていた「黄龍の器」、そして如月の呟いた「菩薩眼」、これは一体なんじゃろな。

そして今回一番可哀相だったのが蜂女。
中学の頃の小蒔の弓道関係の友達で、なにかしらで腕が使えなくなり鬼となった彼女。
最後には小蒔には忘れられていたし、ビルから身を投げて死んだ。
なんというかものすごい報われない、悲しい鬼でした。
何気に胸出したりパンツ見せたり結構なことしてたんですが、どうにも嬉しさ半分って感じになってしまいました。
天国ではきっと幸せになることでしょう、鬼が天国にいけるかどうかは定かではありませんが。


今回は総じて良い感じだった。
バトルシーンもよく動くし、日常も面白かったし、ストーリーも感動させられた。
やっぱ東京魔人っておもろかったんだなと思わされた第8話でした。


次回もなんだかエロいタイトルとなっております。






次回、東京魔人學園剣風帖 龍龍 第9話「激しさと優しさで」

mjn8-13

「外法ってやつを、見せてやるぜ・・・」


杏子の困り顔に萌えたアナタは是非ポチっと!

にほんブログ村 アニメブログ 美少女アニメへ






こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして♪
ネットサーフィンしていてやってきました。
六本木でクラブホステスをやっているきららと申します。

文章お上手ですねっ^^
ついさかのぼって読んじゃいました

私もブログやっているのでよかったら
遊びに来てくださいね☆

ランキング応援ポチッ
☆きらら☆ #-|2007/03/13(火) 01:33 [ 編集 ]
きらら☆さん訪問ありがとうございます。

>文章お上手ですねっ^^
私の文才なんて高が知れているのですが、やはりそんな風に言われると嬉しいです。どうもありがとうございます。

ブログ訪問させていただきます、お誘い・コメントありがとうございました。
ほむ #ixivxIWw|2007/03/13(火) 12:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻/アニメ鬼達との戦いに身を投じることを決意した龍麻達。人気のないところでの秘密の特訓は、目的を同じとする者達の絆を強いものにしていく。そんな中、街で多発する怪事件。そして、龍麻達が動き出す・・・。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007/03/16(金) 00:33
トラックバックURLはこちら
http://hom16ichirou.blog91.fc2.com/tb.php/62-cb388c23

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 三国志大戦2 | マンガ | アニメ | 三国志大戦3 | 大戦イロハ | バグリスト | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 日々是精進也   ~右向け右じゃつまらない~
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。