目指せ大尉!の微妙な元低徳覇王がお送りする厨ブログ。 私の入っているチーム名も「厨房かえれ」なので旗の文字も厨!君も僕のいるチームに入らないかい!?

日々是精進也   ~右向け右じゃつまらない~
http://hom16ichirou.blog91.fc2.com/

プロフィール

ほむ

Author:ほむ
三国志大戦のブログ。今は3に入れ込み中!
君主名は「砕」、大尉の壁を厚く感じている一品でございます。

メインデッキは魏4、曹操大好きっ子になりました。
考察とか愚痴とか書いていくんで、何かあればコメントしていただけるともうそれは喜びます。
リンクはフリーで、相互などはコメントに残していただければすぐにでも。

ガキっぽいことを書いているかと思いますが、生暖かい目で見守ってやってください(*’ω’*)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリー

応援コーナー

web拍手を送る             押していただけるとに励みになります。メッセージも残していただけるともっと嬉しいであります。 なんでも結構ですお気軽に! にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ FC2以外にもランキングに参加中!クリックしていただけると嬉しいであります!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京魔人學園剣風帖 龍龍 第13話 「外法編 第拾参夜 外法の谷」

2007/04/15 02:45|アニメTB:2CM:0
mjn13-1

 

ブログランキング

遂に迎える決着の刻。



東京魔人學園剣風帖 龍龍 第13話 「外法編 第拾参夜 外法の谷」
にほんブログ村 アニメブログへ


戦闘シーンはすごく良かったと思うんだ。だけどストーリーはというとちょっと詰め込みすぎた感じが否めないというかなんとも微妙な感じ。

あ、拍手で教えてくれた方がいたんですがこのアニメは全26話の構成で、14話
で一旦区切りがつくってことらしいです。でもこの13話で決着が着いた不思議。次回どーするんだろう(゜д゜)









mjn13-2


九角の儀式やってるなんか魔界みたいな雰囲気の場所に徒歩で入っていく一行。伊達に人間の足は二本ついてないぜ!


そして繰り広げられるバトル。


mjn13-3


相っ変わらずこのアニメの戦闘シーンはよく動く。見ててスッキリしますね。


雷男や織部姉妹の助力もあり雑魚っぽい鬼を殲滅。


mjn13-4


葵はと言えば龍麻の身を挺した説得によって自我を取り戻す。これにはさすがのネットリお兄さんも


mjn13-5

口アングリ開けて超ぶったまげてました。終いには「馬鹿な・・・っ!葵は俺のものだ!」となんかトチ狂ったことを抜かす。


こんな壊れちゃったお兄さんに最早勝ち目などあるはずも無く


mjn13-6


手を切り飛ばされたのを皮切りに敗北。


mjn13-7


泣いちゃう九角、そして何故か一緒に連れ去られるマリィ。柳生様まさに外道。



龍麻たちの勝利に終わったこの勝負。こんな感じで13話 糸冬








バトルシーンは相変わらずのクオリティで熱かった!あそこまで迫力あるとこう思わず拳をぎゅっとしちゃうようなしちゃわないような。

あと思ったんですがこいつら空飛んでね?ってこと。

いつから舞空術使えるようになったんだバーローwwwwあれか、「気」か!「気」なのか!


内容は龍麻の葵説得シーンあたりから急速に冷めていきました。ここは盛り上がる人とそうでない人とで分かれるところだったとは思うんですが私は後者に。

なんというか背筋がムズムズするというかどうにも後付けで取ってつけたような印象。あまりにも龍麻が綺麗すぎるというかうそ臭いというか・・・。

違和感があったんです。そしてこの説得で葵の術の効果が切れるのもなんだかなぁって思ったり。
葵も葵で自我を取り戻した後、龍麻を刺したことを気にも留めてない様子。なんだ守りたかったんじゃなかったのか。

あとなんといっても九角でしょう。ネットリお兄さん。
なんというか今回で大分印象が変わったというか。泣いちゃったのが致命的かなぁ・・・。

前半部分で「人の心を捨て去る覚悟があるのなら、俺は外法を手に入れることが出来る」と言っていたくせにまず復讐の動機が母親を殺されたからってのはどうなんだ。
人の心を捨てたのならそんなことすら忘れるんじゃなかろうか。仮にそれが既にインプット済みだったことだとしても、最後の最後で泣いちゃダメじゃないか、と。いっちゃん最後で人の心を取り戻したなんてのは虫がいいというか。

まぁ私が一番共感できたのは九角なんですが。
彼が一番人間らしかったと思います。自己を犠牲にしてでも他人を守る女よりよっぽど人間臭かった。誰だって母親が理不尽な理由で殺されたら殺した相手に殺意を持つはずです。憎い、恨めしい、殺したい。
人間の根源的な、本能的な部分が最も表に出ていたのが九角だったんだと思います。

人の心を捨て去ったヤツが一番人間臭かった。なんて皮肉。


今回で九角編は終了ってことになるんでしょうか。次回の14話で一旦区切りということですが、今後どのような展開を見せるのか期待したいところです。






次回、東京魔人學園剣風帖 龍龍 第14話「堕ちる星」

mjn13-8


見納めかもしれないクレアを是非ポチっと

ブログランキング







にほんブログ村 アニメブログへ

こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻 (初回限定版)嵯峨野の導きにより、九角の元へとたどり着いた龍麻達。そして、戦いが始まる・・・。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007/04/17(火) 13:29
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第壱巻 (初回限定版)嵯峨野の導きにより、九角の元へとたどり着いた龍麻達。そして、戦いが始まる・・・。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007/04/17(火) 13:29
トラックバックURLはこちら
http://hom16ichirou.blog91.fc2.com/tb.php/113-5e78d962

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 |  未分類 | 三国志大戦2 | マンガ | アニメ | 三国志大戦3 | 大戦イロハ | バグリスト | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 日々是精進也   ~右向け右じゃつまらない~
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。